サイト内検索
- 文字サイズ +

ウェブサイトの軽量化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
accessibility_weight-saving

東日本大震災が発生した際、ウェブサイトを閲覧できない状況が発生しました。主な原因は、ネットインフラの崩壊。しかし、ネットインフラが普及しても、アクセスエラーや、接続に多くの時間がかかり、ウェブサイトを閲覧できないという状況が発生しました。

原因のひとつに、アクセスの集中によるネットワーク回線の圧迫があり、更にデータサイズの重いサイトやコンテンツの閲覧がその回線の圧迫に拍車をかけ、インターネット接続全体が悪循環に陥ってしまいました。

参考:財団法人日本自治情報センターより提示された、「国民へ発信する重要情報のファイル形式について」

震災発生から時間経過とともに、全国民が注目・閲覧を要する重要コンテンツ、政府、地方公共団体から提供される情報の多くが、PDFやExcelファイル形式で情報配信されております。インターネットを通じて多数の国民に円滑に閲覧していただきたいところですが、アクセスが集中し、PDFやExcelファイル形式の場合、容量が大きく、サーバー・回線リソースを圧迫し、重要情報が閲覧できない事象が頻出しています。
また、被災してPCが故障していたり、PCを持っておらず、携帯電話で情報を確認している方もおり、携帯電話の細い回線で容量の大きなファイルを閲覧することが困難なケースもあります。 このため、現在各団体がアップロードしておられる情報は、1分1秒を争うものも多々あるかと存じますが、より多くの方に簡易に情報を受け取っていただけるよう配慮した情報提供も心がけるべきと思われます。

出典:「国民へ発信する重要情報のファイル形式について」(財団法人日本自治情報センター)より一部抜粋

川路いず美

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
ページの先頭へ